老けない顔を作る!今から始めようキレイなフェイスライン習慣


実は「たるみ」が老け顔の原因です!

人が老けて見えるのは、実は「しわ」よりも「たるみ」なんです。顔がたるむと10歳は老けて見えてしまいますよ。顔の皮膚が弾力を失いたるむと、フェイスラインが崩れて美しいラインはなくなってしまいます。「しわ」は人生の年輪として、ある程度なら美しいと感じますが「たるみ」を美しいと感じることは、まずないでしょう。「たるみ」の原因は肌の弾力がなくなってしまうことで起こります。ではどうすれば、肌の弾力をずっと保つことができるでしょうか?一緒に考えてみましょう。

紫外線は目からも入ってる!

年齢を重ねていても、顔にたるみがなくフェイスラインがすっきりしている人は、とても若く美しく見えますよね。いつまでも、美しいと言われる女性でいたいのは、全ての女性の願いでしょう。この願いをかなえるには、日々の努力しかありません。何もしないで美しく年を取ることは不可能です。まず、肌の弾力を衰えさせる紫外線を徹底して防ぎましょう。紫外線のUVA派は肌の真皮層まで届き、繊維芽細胞を破壊してしまいます。UVクリームはA派も+3のものを選び、こまめに塗りなおしましょう。また、目から紫外線が入って全身を酸化させるというデータがあります。UVカットの入ったサングラスやめがねをかけることを、おすすめします。

肌の弾力は一日にして成らず!

肌の弾力を取り戻すには毎日の食生活を改善してください。野菜を中心に鳥の胸肉などの良質なたんぱく質が必要です。コラーゲンなどのドリンクも有効ですが、コラーゲンは最初に関節などに供給されて肌にいくのは最後になるそうですよ。ですからトータルな栄養を考えたほうが良さそうです。そして、表情筋を鍛えましょう。おでこの「しわ」を予防する筋トレは、眉に指をあてて下に押さえたら、力いっぱいおでこの筋肉を押し上げます。次に目の下のたるみ予防は人差し指と親指で目の端を広げたら、それに抵抗するように目を閉じます。それぞれ5回を1セットとして行います。口周りはニコニコマークの口にしたら、口角が上下するイメージを持って10秒キープします。これを1日に何回となく繰り返しましょう。逆に筋肉が凝っていても老廃物が溜まって、たるんでしまいます。筋トレの後はグーの手でゴリゴリと顔をマッサージします。決して皮膚を引っ張らないようにしましょう。最後に耳の下のリンパ線を老廃物を流すように下にさすります。紫外線と食事に気をつけ表情筋を鍛えること、そして筋肉をほぐして老廃物を取ることで「たるみ」のない40代を迎えることが出来ますよ。

品川美容外科の訴訟について調べる